カテゴリーアーカイブ 未分類

著者:國本ひろみ

UMIとは?~心のブロック外しと宇宙の法則~

UMIとは?

【UMI】とは、「ユニバーサルマインド インテグレーション」の略です、

開運アドバイザー川相ルミさんが、過去10万人以上の分析を行い、効果の高い方法を集大成させたブロック除去方法です。

「宇宙の法則」を使ったり、過去の出来事の書き換えを行いながら、今現在必要のないブロックだけをを取り除き、本来もっている能力を引き出します。

 

宇宙の法則とは?

「宇宙の法則」とは、因果の法則、鏡の法則、引き寄せの法則、正負の法則・・・

さまざまな言い方がありますが、それらは全世界、全宇宙共通のルールのことです。

出したものが返って来る。

陰と陽はあって当たり前。

欲しかったら自分から与える。

誰もが知っていることです。

しかし知っているはずなのに、つい忘れてしまうのは、やはり心の「ブロック」のせいなのです。

ブロックとは?

それは「思い込み」の塊。

そして

自分を守るための「ブレーキ」。

ブロックは、良いものでも悪いものでもありませんが、いままさに乗り越えようとしている局面にいるとき、そのブロックのせいで前に進めません。

たしかにこれまでは、そのブロックのおかげで安全に過ごせてこれたけれど、今後はもう必要ないと感じたら外したいものですね。

心のブロック

 

心のブロックの種類

わかってくれない

大事にしてもらえない

大切にしてもらえない

迷惑かけてはいけない

目立ってはいけない

子どもであってはいけない

健康であってはいけない

感情を感じてはいけない

幸せになってはいけない

愛されていない

など、

たとえば、人間関係でトラブルがあったときなどに、腹が立ち、その理由が「わかってもらえない」と思ったことはありませんか?

何かにつけて「わかってもらえない」と思い、「言っても無駄だ」といつのまにか言わなくなったりということは、ありませんか?

こちらが相手に「わかってもらえない」と感じているときは、多くの場合、相手も同じことを感じています。

だから、本当にわかって欲しいならば、相手をわかろうとしたり、わかってもらえなくてもどっちでもいいと執着を外すのがよいのです。

 

それができたら、苦労はない!?

ですよね。

 

ブロックを解消する

「わかってもらえない」ブロックのもともとは、幼少のころのふとしたきっかけかもしれません。

幼心にショックを受けたその気持ちが癒されないまま、理解されないたびに、「わかってもらえない」という小石を積み上げ、ついにはブロック塀にまでなったというわけです。

ブロックを解消するためには、感情を感じきる必要があります。

「わかってもらえなくて、悲しい。」

その悲しみは、過去に感じきることなく未消化になっています。

ですから、きちんと感じて、誰かを責めたいのなら責め切る必要があるのです。

 

ブロックを解消すると?

 

ブロックを解消すると、被害者意識は薄れ、周りにあれだけいた敵が減っていきます。

気に入らない人は、気にならない人になり、必要以上に悩み苦しむことが激減します。

そのうえ、自分がどれほど周りから愛されていたかにも気づくことができるので、ギクシャクしていた身内の人間関係が解消されて行きます。

夫婦仲がよくなったり、愛せなかった子どもを抱きしめられるようになったり、

旦那さんの出世や、不登校の子どもが学校に行くようになったりという報告もたくさん届いています。

 

7年悩み続けていたことが一瞬で解決したので私が一番驚いています。

母に愛されていないと思うのが怖くて関わらないことで完全に感情にふたをしていましたのが、めっちゃ勘違いだとわかり、めっちゃ愛されていたことに気が付いた瞬間から色んなことが動き出しました^^

アスペルガーの長男に触るのすら嫌で、そんな自分が母親失格のようで苦しかったのが、今は赤ちゃんの頃と同じ愛しさを感じます。

自分のブロックを解消してきたことにより、母から愛されてないから、私も長男を愛せないと思ってた勘違いに気付けたし私が母として無能だとは思わなくなりました。

主人のお給料が上がり、ボーナスは10万あがってました!

そしてケンカがなくなりました!

UMIによって人生が楽しくなってきて、感謝感謝の毎日です。

 

 

夫との喧嘩が建設的な話し合いに変化して、喧嘩をするストレスが減りました。

自分の勘違いに気づいたので、夫のモラハラをモラハラと思わなくなり、また夫も以前ほど怒ったりイライラしたりしなくなりました。

自分自身の被害者意識も少なくなり、心が満ち足りた感覚が以前より多くなってきました。

 

 

カウンセリングを受けることで、根っこから解決できた感覚でした。

あんなにイライラしていた夫への気持ちが変わるとは自分でもびっくりです(笑)

人生が変わるってこういうことなのでしょうか?

今回のカウンセリングで、そんな体験をいただけました。

もやっとしたことは國本さんに聞けると思うと、それだけで安心感がありました。

一人ではたどり着けなかったと思います。

本当にありがとうございました(*^^*)

 

私自身が子どもの引きこもりに悩み、このカウンセリングを勉強したのがきっかけでした。

今では手相鑑定の際に取り入れて、ブロックを解消することで、手相に出ているその方の強みをさらに生かせる方法をお伝えしています。

UMI

UMIカウンセリングを受ける・学ぶ

UMIカウンセリングは、単発と3回の2コースがあります。

単発コース【手相&勘違い探し】

いま現在の悩みごとを、短期間で解決するために宇宙の法則を使った具体的な方法を知ることができます。

一人ではわかりずらい自分の思いグセや捉えグセを、手相も交えてより深く自分を知るコースです。

3回コース【手相&ブロック解消と、真実に書き換え】

悩みの大元「ブロックの解消」を行います。

1回目のカウンセリングから割り出されたキーワードをもとに、パターン化している偏った思考グセを探ります。

嫌われる
大事にされない
否定される
理解されない
頑張らないと認めてもらえない
etc…

偏りは、ブロックが原因となっているので、そのブロックを解放するために、蓋をしてきた自分の感情に向き合うことを2回に渡って行います。

3回目には、一つ一つ真実に書き換えることで、今はずす必要のあるブロックだけを解消します。

3回の期間は約1か月です。

1回目のカウンセリングの後、あなたの気持ちが整うタイミングにあわせてご予約ください。

その間に質問がある場合は、メールで聞くことができるので、安心して続けることができます。

カウンセリング方法

ZOOM・携帯電話・対面

対面の場合は、神戸(元町)のサロンをご案内します。

 

UMIの効果

今までと同じことをするけれど、否定されなくなる
頑張り過ぎていた肩の力が抜けて、周りからの手助けがもらえる
子どもが学校に行くようになる
夫婦仲がよくなる
臨時収入がある
etc…

自分の道を自分で歩いていけるようになる。

手相&UMIカウンセリング料金

単発コース 120分 50000円
3回コース 120分X3回 80000円

※1回目のカウンセリングののち、1か月以内に限り、追加料金30000円のみで3回コースに変更が可能です。

銀行振込、またはペイパル(クレジット決済)が可能です。

お申込みはコチラ

UMIカウンセリングを学ぶ

3か月しっかりと学べるマスターコースと、その上級のカウンセラーコースがあります。

マスターコースでは、

■人生を阻む、心のブレーキとなる、ブロックの根本の原因を見つける方法

■ブロックから解放される手法

■現実をプラスに変える結果を出せる宇宙の法則

といった、自分でできる方法を学び、

カウンセラーコースは、それを他人にもできるようになることを学びます。

2019年は、1月と、7月に開講予定。

募集の最新情報はメルマガから
↓↓↓
●無料メルマガ「手相は未来図!明日の私は今日より素晴らしい!」ご登録はこちら。

 

 

 

著者:國本ひろみ

遺品整理 片づけて思い出したこと

神戸は桜が満開です。

桜

この桜を見ることなく、先日、叔母が亡くなりました。

91歳の大往生でした。

家族葬だったので、ほんとうにこじんまりとしたものでしたが、

久しぶりの親戚に会えて話が弾みました。

こういう席で、弾むというのは不適切かもしれませんが、

小さいときから知っている従弟に

「おっさんになったなあ」と言うと

「あんたもおばはんやん」と言われ

遺影の前で、笑いました。

亡くなった人はみんなを集めてくれます。

みんなで叔母の話をしていると、私の知らない叔母が、たくさん出てきました。

そりゃあそうですよね、姪っ子ですもの。

お正月に会うか会わないか程度です。

叔母には、はじめてのアルバイトを世話してもらったり、

服など買ってもらったり、私は、いろんなものをもらいました。

でね、しばらくすると「あれ返して」と言うんです(笑)

びっくりしますが、悪びれる様子も何もなく気が変わったからと、あっさり言うんです。

今から思うと、非常に表裏がなく好きなことをして自由に生きた人でした。

ゴルフが好きで、旅行も大好きで、服もいっぱい持っていました。

亡くなってから、遺品の整理に行きました。

ほとんど袖を通していない服もたくさんありましたが

どれも私の趣味ではなく、黒のカーディガン1着とマフラーをもらってきました。

「返して」って言われへんかなと思いながら。

 

『置かれた場所で咲きなさい』の著者、渡辺和子さんがこう言われました。

置かれた場所で咲きなさい

 

「一生の終わりに残るものは、自分が集めた物ではなく、与えたものだ」

叔母が与えてくれたもの

『遠慮のない愛』

花冷えの季節、さっそく使わせていただきます。

 

 

編集後記
長寿の手相

叔母は長寿でした。残念ながら手相は見れなかったのですが恐らくは、生命線はとて長くしっかりしていたのではないかと思われます。

生命線

●無料メルマガ「手相は未来図!明日の私は今日より素晴らしい!」ご登録はこちら。

著者:國本ひろみ

不登校と新学期 子どもへ期待していませんか?

不登校の子どもに期待するお母さん

不登校のお子さんがいらっしゃるお母さんは

新学期こそは、

来月からは、

月曜日からは、

って、

今度こそを期待しちゃいますよね。

不登校 新学期

だけど「期待」って、

実は、相手のエネルギーを奪う「マイナス行為」なんです。

 

期待するは、マイナス!?

期待した通りにことが運ばなかったとき、裏切られたって思うでしょう。

だから、「期待する」ということは、自分の思う通りのことを、相手に結果を出させる行為なわけです。

期待される側がプレッシャーを感じてしまうわけも、これが原因ですね。

すんごい不快になりますから「マイナス」です。

不登校の場合、自分だって行けるものなら行きたいって言う子がほとんどです。

お母さんの気持ちもわかっています。

みんな優しくて、親思いのいい子たちです。

だけど、いろんな理由で行けないのです。

 

ゴールはお母さんが決めるものでもないです。

ならば、せめてお母さんからのマイナス意識だけでも軽くしてあげたいですよね。

ゴールは学校に行くことじゃないし、ゴールはお母さんが決めるものでもないです。

それに、奪ったものは、奪われます。

だからヤキモキして、こちらのエネルギーが奪われるってことが起こるんです。

「お母さんのせいだ」って言われたり、時間がなくなったりも起こりますよね。

 

問題をお母さんが作ってる!?

先日も、親子鑑定をさせて頂いたお母さんが仰ってました。

 

自分で問題を作ってしんどくなっていた事に気づかせていただきました。
これから先、不安が楽しみに変わっていく感じがしています。

 

問題を作っているのが【自分】だと気づけば、自分次第で問題は問題でなくなりますね。

たとえば

「不登校」で、学校を欠席すると

授業が受けられないとか、

学校に欠席の電話をするとか、

お昼ご飯を用意が必要とか

そういう【事実】があります。

それに対して、お母さんの心が【問題】に感じてるということです。

つまり、

▼授業について行けなくて、困るんじゃないだろうか?希望する学校に行けなくて悲しむ子どもを見るのが嫌。

▼先生に、欠席の連絡をするのが嫌。責められてる気がする、なんだか親身になってくれていない気分になる。

▼私は仕事で家にいないけど、ちゃんとお昼食べるだろうか?私が仕事しているから、子どもは学校に行かなくなったんじゃないだろうか?

というお母さんの本音が見つかったら、もうそれは、お母さんの【問題】で、「不登校だから」に限らなくなってくるわけです。

ということは、

「不登校」のところに、「アトピー」や「喘息」「ADHD」「おねしょ」「いじめ」など入れ替えても、ほぼ一緒。

出来事ではなく、お母さんの心の中を見ることが重要ポイントになります。

さて、頭ではわかってもやはりこんなふうに感じませんか?

子どものことが心配。

母親ならば、しなくては。

こんなお母さんでごめんね。

不登校お母さん

ですよねーー。

そう思って当然だと思います。

はい、元引きこもり息子の母である私も、思ってましたから。

 

まとめ

期待はマイナスエネルギー。

期待されるって明るいイメージがありそうだけど、宇宙の法則てきには、そうなのです。

「期待する」ということは、自分の思う通りのことを、相手に結果を出させる行為だからです。

もじかすると、それは自分がしてほしかったことかもしれません。

もしかすると、そうしないとダメだと思っているのかもしれません。

もしかすると、よかれと思ってしているのかもしれません。

 

相手に期待したり、相手をどうこうするのではなく、まずは自分の内面を見て行くことで、現実は変わります。

問題は問題でなくなりますよー^^

編集後記

ある不登校のお子さん手相を見ました。

頭脳線の視点が、生命線の途中にありました。

納得してから動きたいタイプ。慎重派です。

お母さんの期待に応えようとすると、自分の大事な目的を見失いがちになります。

期待せず、本人にまかせて待ってみましょう。

●無料メルマガ「手相は未来図!明日の私は今日より素晴らしい!」ご登録はこちら。

著者:國本ひろみ

子どもの手相の見方

子どもにも手相があります。

という発想を多くの方はもっていないので、そう言われてびっくりする方が多いんですが、あるんですよ。

生まれたての赤ちゃんにもほら!

子どもの手相の見方

 

 

これまでに3000人以上の手相を見てきましたが、子どもの手相の特徴は、ネガティブな線は1本もないということ。

子どもたちはみな、この世界をワクワクと楽しみに生まれてきて、見るものすべてに好奇心をもっています。

ただ、それをどんなふうに発揮するかに、個人差があるんですね。

理系か文系か!?

理系か文系か、これはすぐにわかります。

理系はこういうの

理系の頭脳線 手相

 

文系はこういうのです。

文系の手相頭脳線

 

 

 

 

 

 

理系だからと言って、必ずしも数学が得意なわけではありません。

理系の子どもは「なんで?なんで?」って聞きたがり屋さんです。

原理原則好きなので、仕組みを知りたい、ただそれだけ。

文系の子ももちろん「なんで?」って聞いてきますが、ただ言いたいだけ。

お母さんと話がしたいだけという傾向にあるので、もしわからなかったら、「なんでだろうね?お母さんにもわからないわ。」と正直に言ってOKです。

こんなふうに子どもの手相を見るときは、手相を見ながら、子どもの心を見る、対話するって感じですね^^

 

 

著者:國本ひろみ

「使命」はブロックの下敷きになっています。

手相には、自分の旅のスケジュールが書き込まれています。

「最も価値のある旅は、自分自身への旅である」

byシャリー・マクレーン

素敵な言葉ですよね。

手相は、まさに自分の旅のスケジュールが書き込まれています。

しかし、スケジュールは変更可能です!

もっと幸せに、もっと豊かに、もっと軽やかに過ごすために

そのプラン変更しちゃいましょう。

どうやって?

しあわせへの最短コースへプラン変更は可能です

「嫌われたくない」

「迷惑かけたくない」

と遠慮して、

「もっと私をわかって」

「大事にして」

「信用して」

と言い続けている【もと】を解消することで、

しあわせへの最短コースへプラン変更が可能になります!

【もと】とは、

過去に感じきれていなかった未消化の感情です。

本当は、もっとゴキゲンに過ごせるのに

自分で負荷をかけている人がたくさんいます。

その負荷、必要?
なんのトレーニングですか?
みたいな。

頑張り屋さんがブロックを解消すると・・・!

「頑張り屋さん」が、とくにこのタイプ。

頑張るのはいいんだけど、

そのために人の分までやっちゃうのでしんどい。

取ったあとの面倒もみようとするからしんどい。

きっとこう言うんでしょと予測して、

それを言わさないようにという目的において行動するからしんどい。

頑張り屋さんが、こういう心のブロックを取ったら

本来のやるべきこと=使命が見えてくるので

これは宇宙の発展へと結びつき、

ほんとうにすごいミラクルが起こるのです!!

そのミラクルとは!?

ある人は、超あげまんになりご主人が出世したり

ある人は、子どの問題(アトピー、不登校、成績アップ)が改善したり

ある人は、自分の仕事がとても上手くいきだして月商7ケタ越えたり

ある人は、今までの経験を活かし、小さいときからの夢を叶えたり

ある人は、旦那さんとレスが解消してラブラブに♥

などなど・・・。

すんごく軽くなって、あれよあれよと展開していく感じです。

使命を知りたい人って多いと思います。

それってブロックの下敷きになっています。

だから、ブロックを解消すると自ずと見えてきます。

心の底から笑って

悲しくて泣いても、またすぐに元気になれて

プンプン怒っても、人のせいにはせずに、

「やらなきゃ」じゃなくて、

「やりたい!」って目を輝かせるようになる人生。

それこそ、胸張って「最も価値のある旅は、自分自身への旅である」と言いたくなりますよね!

 

著者:國本ひろみ

不登校、引きこもりを改善させる鍵はお母さんが握ってる

人は生きている限り、悩みはつきません。

その悩みの多くは・・いや、すべては対人関係です。

夫が、彼が、上司が、母が・・・

私の場合は、とにかく「子ども」でした。

私は息子の不登校に悩む母でした。

不登校から引きこもりになり、一切言葉を交わさなくなり、もう何年も声を聞いていない。

笑顔なんて小学校の卒業式に見た以来か?

とても悲しくて、寂しかったです。

「しゃべれよー、笑えよー」って。

でもね、相手の行動をどうにかしたいとか、どうにかしてあげたいとか思っている間は、どうすることもできません。

相手が楽しもうと、悲しもうと、その子の人生、捉え方なのです。

逆の立場になればわかりますよね。

誰かからどうこう言われたり、されたりっていやですよね。

他人からみたら歯がゆいことも、間違ってんじゃないの?と思うことも、それを自分で乗り越えなければ、成長に繋がらないのです。

親が必要以上に子どもに手出しをすると、子どもの成長する機会をうばってします。

親は、もちろんそんなこととは露知らず、力になろうと頑張るわけです。

知らず知らずに相手の成長の機会を奪うのですから、当然自分も奪われることが起こります。

時間がない。

お金がない。

などと感じているのはその証拠です。

成長の機会を奪っておいて「ちゃんとしなさい」「積極的になりなさい」「がんばりなさい」とはこれ如何に。

一方、子どもの方も奪われてはなるまいと抵抗します。

その手段の一つが、「不登校」なのです。

不登校のお母さんの多くは、エネルギーが強いです。

良かれと思って、子どものことをなんとかしたいと思うお母さん。

そうすればするほど、子どもはエネルギーを奪われたくないと殻に閉じこもってしまうのです。

よかれと思ってしているのに・・・

よかれと思ってすることに、ろくなことはないというのを覚えておいてください。

なぜなら、「よかれ」ということは、それは「悪い」という前提なので相手にとっては不快なのです。

不快はマイナス意識です。

マイナスにはマイナスが、プラスにはプラスが返ってくるという宇宙の法則。

つまり、「よかれ」と思ってプラスの行動を取っているにもかかわらず、こちらの気持ちは相手にとってはマイナスでしかなく、そのマイナスが自分に返ってくるわけです。

たとえば、よかれと思ってしてあげたことが余計なお世話で怒られたっていう経験はありませんか?

それってコントロールになるので、嫌がられるんですね。

なんとかしたい!!

役に立ちたい!!

お母さんらしいことさせて!!

それは、自分のために子どもに結果を出させようというのと一緒です。

子どもにとったら、そんなこと、まっぴらごめんですよね。

境界線を引きましょう。

境界線は、アドラー心理学でいうところの、子どもの課題と親の課題を分離させるということです。

子どもに結末を経験させて学ばせることを見守る勇気をもつ。

その覚悟をもつのがとっても大事なのです。

覚悟を決めたら、マイナス意識を出す量を減らしましょう。

どうやったら、マイナス意識は減らせるのか!?

お母さん自身がプラスの状態でいれば、マイナスを出さずにすみますよね。

お母さんが遊ぶ、笑う!

お母さんが日々の生活を楽しみ、1秒でも多くゴキゲンさんでいられるようにするのが絶対にオススメです!!

お母さんが遊んだり、笑っている間、子どもにやいのやいの言わないので、子どもにとってはほっとします。

そしてマイナスな重圧が消えると、軽くなって動きやすくなる。

で、学校に行きだすようになる子も、少なくありません!

お母さんがゲラゲラ笑ってたら、子どもの不登校問題が改善したって、サイコーですよね!!

まとめ

子どものことをどうこうしようと、必要以上に手を貸すと、成長のチャンスを奪うことになります。

子どもに自分のしたことの結果を出させようとしない。

「よかれ」もいらない。

境界線を引きましょう。

そのために、お母さんは自分がゴキゲンさんになれることに、一生懸命になりましょう。

これで、ほんと、うちの子には大きな変化がありました!

学校を卒業後、一時期引きこもりになっていましたが、今や一人暮らしをして自分で仕事を見つけて、稼いだお金で車の免許を取ろうというところまできました。

つまり、お母さんの意識が変われば、現実が変わります。

不登校も例外ではないのですよ。

不登校、引きこもりを改善させる鍵はお母さんが握ってるのです!!

著者:國本ひろみ

20年乗り続けた「子ども乗せ電動自転車」

自転車の衝動買い

自転車を買い替えました。

お花の植え替えをしようとホームセンターに行ったら、ふと気になり、コスモスの苗と一緒に、自転車も買ってきました。

自転車の衝動買いってはじめてです!

今まで乗っていたのは、長男が幼稚園に入るときに、送り迎えのために買ったものです。

 

神戸の坂道には、欠かせない電動アシスト自転車。

やがて下の子ができて座席が増えて、フル稼働しました!

私、ボランティアで人形劇しているので、そこにいっぱい荷物も積んで、ほんとうにお世話になりました。

数えたら20年です。

 

いまではバッテリーは、充電してもすぐなくなるし、最近ではほとんど使ってませんでした。

3段変速は、故障して、ほとんど出番がありません。

前の幼児座席はがに股になるけど、荷物置きになることをを優先して使い続けていました。

そうなんです!

不自由なのにそれに麻痺してしまうと、それが当たり前みたいになって、めちゃめちゃ困っているわけではないのでなんとなくそのままを続けている。

子どもは乗せてないけど、毎日のように使う自転車。

そんな大事なものに「なんとなく」ってどうよ。

受講生さんに、自分を大事にしましょうとかなんとかいいながら、ねーー(;’∀’)

波動が違ってきた

なんだかね、波動が違ってきたというのも感じたんです。

もう、この自転車は、今の私とは合わない。

突然そう気づいて、買い替えたんです。

ボロボロになるまで走り続けてくれ、本当に感謝です。

と、

また一つ、子離れできた気になりました。

子離れって、子どもいくつよって、はい、20歳を越えてますー。

 

こうやって、まだまだヘタレの残骸が残ってるんですよね。

わたし、アカンとこ、いっぱいあります。

しかし、気づくのがまず大事。

気づかなければ、手放すこともできません。

ほんと、よく走ってくれました、

ヤマハPAS。

ありがとう!

編集後記

私の手相には、短い頭脳線があります。あまり深く考えずにサクッと行動する人が持つ線です

●無料メルマガ「手相は未来図!明日の私は今日より素晴らしい!」ご登録はこちら。